子供の頃より季節、天候に左右されるひ弱な子だった。本当に、真冬、真夏にはすこぶる強く、春先、木の芽時そして夏が終わり秋、冬に為るまで何とも辛い季節であります。体のここ、かしこが痛む訳けでわなく、何とも辛い。年かもね?さて月曜日皆様一週間の始まり、ガンバレば又来週連休?高速道路も1000円 彼、彼女、たまにはご家族で。そして お帰りの際、どうか味加味をお忘れなく。六甲の山々此れから日々模様替え、寒暖の差が開くほどに、色鮮やかな衣を纏います。本当に神戸の町、四季折々、海の色、山の木々、町並み、漫ろ歩く人びと、色様々な布を羽織り町を飾ります。路肩の銀杏、葉も落ちて、町歩く靴の下、プチと実割れる。