看板犬「トト」の「味加味(みかみ)」なブログ。

神戸市中央区は加納町の「うどん屋 味加味(みかみ)」の看板犬である私「トト」が
「オススメ」・「メニュー紹介」・「イベント情報」はもちろん味加味な日常をお送りします。
★定休日:なし★営業時間:ランチ11時半〜15時 ディナー17時〜22時★
◆◆◆調理スタッフ(見習い可)&ホール夜 募集中!◆◆◆
住所:神戸市中央区加納町2-5-9 TEL:078-242-5200 地図はコチラ
味加味HPへ行ってみる

2014年07月

ハンター坂上るBar Bamboo

gypsy jazz band

ジプシージャズバンドMon Dieu(モンデュー)
フランス語で“私の神”という意味。
2009年に結成したモンデューは、リードギター伊藤淳介
ベース長谷川光、ヴァイオリン奈良翔
リズムギター三ツ村洋平、サイドギター秦弘作が担当。
これまでに神戸を中心にライブハウスのみならず、カフェ
やレストランン、病院や高齢者住宅、各種イベントや懇親会
のアトラクションなどでも演奏している。
2009〜2013年MINAMI JAZZ WALKに出演。
2013年4月、NHK「ジャズライブKOBE」に出演。
2013年10月、神戸ジャズストリート出演。
1920年代から活躍したジプシー出身のギタリスト
ジャンゴ・ラインハルトとヴァイオリンニスト
ステファン・グラッペリが始めたホット ジャズ スタイル
を元に出来上がったジャンル“Gypsy Jazz”。
ジプシーの伝統音楽とアメリカのスウィングジャズを融合し
情熱的でありながら哀愁漂うメロディは、多くの映画の
サウンドトラック等に使用されている。
現在、フランスのカフェやレストランでは、このジプシージャズ
のお洒落なサウンド」が好んで演奏されている。
と、以上モンデューの紹介。
8月17日(日)20:00よりの3ステージ。
MC:1000円 TC:500円
ご予約は 078−261−8999 まで。


Bambooでは初めての試みですが、ワイン会をとり行います。
日時は8月29日(金) 19時より行います。
ご用意するワインは、南アフリカ産、非常に厚みのある
白、赤を取り揃えました。
夏らしく最初は泡もの、続いて白、そして赤、最後にとどめの
グラッパ。
いかがでしょうか。
お料理は、バーテン五水井くんの担当で、内容はお楽しみ!
詳細は正式なご案内状をブログにてお知らせいたします。


小味加味より

お持ち帰りお弁当を始めました

・チキンカツ弁当      650円
・カラアゲ弁当       650円
・焼肉弁当          850円
・豚生姜焼弁当      850円
・トンカツ弁当        1200円
・ローストビーフ弁当    1500円
・和牛すき焼弁当     2000円
・和牛ステーキ弁当    2000円
・牛ハラミ丼          600円
・牛カルビ丼          500円
・牛すき焼丼         650円
・テリヤキマヨ丼       450円
・チキンカレー        600円
・チキンカツカレー      700円

お昼のお弁当、事業所の会議、ちょっとお出かけ時のお手元に
ぜひ一度お運びのほどよろしくお願い致します。
お弁当のご予約は
078−251−0255
までお願いいたします。

お恥ずかしい

裕ちゃんを探せ

さる人から申し出があってフリーペーパーの表紙を飾ることに
相成り、この一冊“裕ちゃんを探せ”県下で60歳以上現役で
頑張っている人たちの特集です。
当店でもあとわずかフリーペーパーがありますので、もし・・・
よろしければお手元にとってご覧ください。

神戸モダンタイムズビッグバンド

神戸唯一のジャズビッグバンド。
年2回の定期公演など数々のイベントをこなし
そのファン層には年齢を感じさせません。
来週の木曜日17日、ハンター坂上がる我らが
Bar Bambooにおいてジャズライブがあります。
酒場にぴったりな洒落たアドリブのスタンダードジャズ
をお届け致します。
トロンボーン五島健史、彼はトロンボーン奏者として
名を馳せ、その流れるリズムと細部にわたる気遣いを
お楽しみ頂けると思います。
ギター樫本ゆう、彼もビッグバンドのメンバーの一人。
演奏が始まってより最後まで寸分違わぬリズムを
刻み込みます。
ピアノ小川容司、バス稲本純一、
パーカッションロベルト・カジャ以上のメンバーでお贈り
いたします。
ぜひこの機会にジャズ、フォービートの音色をお楽しみ下さい。
演奏は8時より11時まで。
神戸市中央区山本通2−3−12 パレード北野BF
電話 078−261−8999
ぜひご連絡下さいますよう、心待ちにしております。
本物のジャズです。

小味加味より
さて、お昼どきちょっと混み合う時間帯、席数の少ない店内で
少々ご迷惑をおかけしております。
小味加味のランチ、なかなかの評判。
テイクアウトも含め、ますますのご来店を期待しつつ。
本日金曜日、晩御飯ならびにチョイ飲み、ちょっと店内を
覗いてみてください。
これから外での立ち飲みも始めたいと思いますので
汗をかきかき冷えたビールなど、そしてひとひねりした
グラスワイン、泡(スパークリングワイン)などなどをお楽しみ
くだされば立ち飲みもいいかも。

酒場の絵本

酒場の絵本

神戸から、グッド・バーが消えていく。
一代限りの老いた主は引退をほのめかす。
神戸のバー16件を選んで、成田一徹が切り絵を刻みました。
いずれも神戸にあってはグッド・バー。
その1頁のコピーです。
2004年12月10日第一版発行。
酒場の絵本

またまた、Bar Bamboo。いろいろとりざたされ、専門誌、週刊誌
新聞などなど、多彩な古い資料を集め、いろいろとアップして
参りました。
本当の昔の良き時代そのままに、日々日暮れとともに
カウンターに灯がともります。
蝶ネクタイにベスト、25年間変わらぬその風貌。
リズミカルにきざまれるシェーカーの音。
ぜひ、古き良き時代、時の流れを感じて頂きたいと思います。
味加味グループBambooより。

ほぼ30度

どんより曇り空。
明日は雨とか。
今年の梅雨は雨が少なく、というか日本各地異常気象とやら。
小味加味、お昼のランチが軌道にのり、心うきうき。
夜の営業につきましては、リニューアルよりほぼ4か月を過ぎ
試行錯誤、日本酒、焼酎、ワインの品ぞろえ、そして、Mr.赤濱
の作り出す料理とのコラボ。
もう一歩もう一歩の努力、調和、洞察が肝要かと思われます。
ところで昨日、驚きのご両親が富山よりお来しになり、
しばしの間の語らいに花が咲きました。
ご実家は呉服屋さんで、なかなかのしゃべり上手。
感服いたしました。
職業がら、ご婦人相手のお仕事、年月の積み重ねを真摯に
受け止め、風貌とともに熱く感じるところ多く、短いながら、
良い時間を過ごさせて頂きました。

Bambooより
バーテンダー埜村、古き良き神戸の遺物。
業界では知らぬ者がいない御仁であります。
そこここに見え隠れする彼独自のプライド。
良くもあり、悪しくもあり。
歳とともに荒岩の角もとれた感あり。
客を引き込む何をも増した知識と人脈、そして口髭の下より
流れ出る言葉。見上げたもんですね。
サブについている五水井くんも日々修行、カウンターの人の
流れにも慣れ、いかにもらしくらしくなりつつあります。
夜風に吹かれつつハンター坂上る、Bambooの扉を開く頃には
汗だく。
カウンターに座り、一涼のとっておき。
マティーニ、いかがでしょうか。
プロフィール
Google AdSense
Ads by google
最新コメント
携帯はこちらが便利
QRコード
  • ライブドアブログ